冷蔵庫のみ 引っ越し

冷蔵庫のみの引っ越しはどこが安いかすぐにわかる

冷蔵庫 引っ越し 見積もり

冷蔵庫 引っ越し 比較

冷蔵庫 引っ越し 安い

冷蔵庫 引っ越し 相場

 

家の中にある家財の中でも、大型の冷凍冷蔵庫は高さも180センチほどありますし、重さも100kg前後なので、少し動かすだけでも大変です。

 

冷蔵庫の引越しは、毎日冷蔵庫を運んでいる引越し業者に依頼するのがオススメです。
実は引っ越し業者は家財1つだけでもOKというところがあります。

 

家財便を扱っている大手の宅配業者もありますが、ライバルが少ないので費用が高いのか安いのか判断できません。

 

冷蔵庫の引越しを格安にしたいなら、数の多い引越し業者で一括見積もりをして比較するのがオススメです。
同じ条件で複数の業者から見積もりを取ることで、引越し費用を安くすることができるのです。

 

冷蔵庫 引っ越し 格安

 

1社1社に連絡をして見積もりを取るのは大変ですから、一括見積もりが簡単で便利です。
引越し業者には、大きな荷物だけを運んでほしいという依頼でも実は多いのでお気軽にどうぞ。

 

あなたにピッタリのところが見つかるといいですね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

レンタカーを借りて冷蔵庫の引越し

 

引越し レンタカー

 

レンタカーのトラックを借りて、冷蔵庫を運べば運送費用が安いのではないだろうか?
誰しも一度は頭をよぎると思いますが、実際のところはどうなのでしょう?

 

いろいろシュミレーションをしてみました。

 

まず普通免許で借りることのできるトラックは2t未満ですから、1tか1.5tか軽トラックのいずれかになります。
それぞれのトラックの荷台のサイズはだいたい以下のとおりです。

 

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

どのトラックにするかは運びたい荷物の量と配送先までの距離で決めてくださいね。
何度も往復できる場所と、1回しか行けない場所とのトラックが同じではいけませんよね。

 

冷蔵庫のほかに運ぶものがないなら、小回りの利く軽トラックがオススメです。
レンタル費用はどのトラックも1日7000円程度から借りることができますが、この他に使った分のガソリン代も必要です。

 

そして冷蔵庫は重いので一人で運ぶのは危険です。だれかに手伝ってもらいましょう。

 

もし配送先が遠距離になる場合は、往復の交通費やガソリン代がかかるので、もしかしたら家財便のほうが安いかもしれません。
もちろんトラックを借りた営業所と違う営業所に返却することも可能ですが、その場合は結構高額な手数料がかかります。

 

トラックをレンタルして冷蔵庫を運ぶ場合は、近距離の場合にしておきましょう。

 

 

引越し料金と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越しの件数は3月がもっとも数が多く、この時期を引越し業界の繁忙期と呼びます。
この繁忙期は4月からの新学期前に日本中の大学生や社会人が移動することで起こります。

 

新大学生や新社会人が4月からの新しいコミュニティーを築くために、3月に一斉に引越しをするのです。
そしてもう一つの大きな理由は、会社の人事異動による転勤です。

 

春の大規模な人事異動は新学期を前に急に言われる事が多いため、前もって充分な時期適な余裕がありません。
だから一番の繁忙期に引越しせざる得ないのです。

 

しかも転勤は遠距離であることも多く引越し費用がかなりかさみ、家族で引越しする場合は冗談抜きで「100万円かかる」と言われることもあるそうです。そのくらい引越し業者もいっぱいいっぱいなのです。

 

可能であるなら時期をずらすなどして繁忙期を避けて引越しをしましょう。
どうしても繁忙期を避けられないのであれば早く新居を決めて一括見積もりを依頼し、一番良いと思う引越し業者と契約しておきましょう。

 

遅くなればなるほど条件がきつくなり費用が高くなり、最悪になると依頼を断られますから、繁忙期の引越しはスピードが命です。

 

 

 

引越し業者に依頼しよう

 

冷蔵庫を引っ越し

 

引っ越しを引っ越し業者に頼む場合、早めに依頼しましょう。3、4月は引っ越し業者も忙しいシーズンでして、依頼が殺到する時期です。繁忙期以外に依頼するとしても早めの連絡は必須になります。

 

1ヶ月から2週間前あたりに見積もりを出してもらいましょう。2週間から1週間まえに引っ越し以来をしましょう。見積もりを受ける事は、引っ越し業者を選ぶ上で一番大切な事です。インターネットをご利用されている方は、「引っ越し業者の一括見積もり」を必ず行いましょう。これらのホームページは無料ですし、一度の申し込みで複数の業者から見積書を得られます。引っ越し業者の見積もりは1社からでは駄目です。1社だけで契約してしまいますと、その料金が高いのか安いのか分かりません。ですので、複数者から見積もりを得て料金の比較をすることが、出費を抑える上で大切な作業になります。

 

見積もりは無料ですし、見積もり書を受け取ったからと言って、その業者に依頼をしなくても大丈夫ですし、料金も発生しませんので必ず行いましょう。

 

頼む業者が決まりましたら、下見をしてもらいましょう。下見には料金が発生する事があります。引っ越し業者はお部屋の物量に見合う段ボールを用意してくれます。その段ボールの量が引っ越しの荷物の数になるでしょう。もし、物量が多く引っ越しまで間に合わない場合など、業者に頼まなければならなくなります。その分お金がかかりますので、お早めに引っ越し計画を立てる事がお金のかからない引っ越しに繋がるでしょう。